トップイメージ

借り入れについての支払い内容はクレジットカード会社それぞれで相当差異がありまして様々な方式が導入されてます。

基本的なところでは残高スライド方法やリボルディング方法などが導入されているようです。

このような誰しもが知っているリボ払ですけれども本当のことを言うと計算には様々な手法といったものがあったりします。

ゆえにそういう形式に応じて返済合計金額が異なってきてしまうので、理解することで損することはないと思います。

そうしたら簡便にこれらのメソッドの違いについてを解説しましょう。

一つ目は元金均等払いでもう一つは元利均等払いというものです。

両者はそう呼ばれているように、元金についてを均分に払っていくという方式と、元金と利率についてを全部で均等に支払っていく様式になります。

このケースでは10万円を借りたと設定してどんな算定をするかやってみましょう。

金利に関しては双方とも15%と設定して試算します。

リボルディングについての金額は1万円として試算します。

ともかく元金均等払いです。

かくのごとき事例の最初の支払に関しては1万円に対して利息分の1250円を合計した引き落とし額となります。

次の支払に関しては1万円に利息分の1125円を加算した引き落とし額となります。

かくして10回で支払いを終わらせると言う方式です。

これに対して元利均等払いとは最初の引き落しについては1万円ですがそこから元本に8750円、利子に1250円という具合で割り振りをします。

2回目の支払は元金が8750円減った状態で利息を算出して、1万円を更にまた割り振るのです。

別のことばで言えば、元利均等払いの場合は10回で返済が完済しないという算定になります。

これだけのへだたりで二者がいかに変わっているかたっぷりと理解してもらえたことかと思います。

元利均等というものは元金均等と比肩して明瞭にもと金が減少していくのが遅いといった不具合が存在したりするのです。

別のことばで言えば利率というものをおおく出すといった状態になってしまうのです。

一方で、はじめの返済が少額ですむというプラスというものもあります。

かかる引き落し手法に関しての違いに連動して、支払金額は異なってくるのであなたの返済計画に応じた使い方を取るようにしましょう。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.talkingchess.com All Rights Reserved.